☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2015年06月30日

【メルマガ相談】成績不振な自分には到底無理と決め込んでしまっています。

最近は、大学・短大・専門学校・・・と

プロ家庭教師の域を超えて公教育の場で講演活動もしてます。


より大人数を相手に大きな舞台で活動できるのはうれしいことですが、

基本的にはマンツーマンこそが最強!だと思って日々生徒指導してますよ^^



もうすぐ夏休みですね。

「今年の夏こそ勝負だ!」

と真剣に考えているご家庭からのご相談をお待ちしてます。

結果の出る夏にしましょ^^



さてさて。

いつもメッセージありがとうございます。


すべてに目を通しています。

今日もご紹介と一部お返事しますね。


ここから↓

-------------------------------------------------------------------------------------------

孫たちの背中を押してやりたい。

-------------------------------------------------------------------------------------------

斎藤様の勉強法を大変楽しみにして、拝読しています。

-------------------------------------------------------------------------------------------

いつもメールマガジンを拝見させて頂いております。

小学生の子供の母ですが、英語の勉強方法で

うまい方法がみつからず 思案中です。

-------------------------------------------------------------------------------------------

いつも有り難うございます。

この度もよろしくお願い致します。

-------------------------------------------------------------------------------------------

メルマガ拝見しています。

いつも理にかなったお話でなるほどと思いますが、

なかなか実行できていません。

-------------------------------------------------------------------------------------------

いつもメルマガを配信して頂きありがとうございます。

勉強法ガイドブックも以前ダウンロードしたような気がするのですが、

見当たらなくなってしまいましたため、

もう一度ダウンロードさせてください。

中高一貫校に通う高1息子をどうサポートしたらいいのか悩んでいます。

男親の不在な中、やれば出来る筈なのに

やる気が起きないのが傍らで見ていて

歯がゆく思ってしまう愚かな母です。

本気でやれば違う自分を発見できるのではないかと

思っていますが、本人はどうもそう思わないのです。

難しいとは思うのですが、

母としてはやはり何とかできないものかと思っています。

農業系の事に興味があり、東大理2に憧れはあるようですが、

成績不振な自分には到底無理と決め込んでしまっています。

努力で道は開けるという体験を何とかさせてみたいと思い、

もう一度このガイドブックを参考にさせて頂きたいと思います

-------------------------------------------------------------------------------------------


以上、6名です。

今日は6名の方のみにしますね。



一部、お返事したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------
>孫たちの背中を押してやりたい。
-------------------------------------------------------------------------------------------

お孫さんの教育に熱心なんですね。

世代を超えて、立場を超えて、

メルマガを読まれている方がいらっしゃるようで、、、

私も大変恐縮しています。

いつもありがとうございます。


-------------------------------------------------------------------------------------------
>いつも理にかなったお話でなるほどと思いますが、
>なかなか実行できていません。
-------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます。

理にかなったお話・・・とのことでうれしいです。

ノウハウを知ることと実行することは別次元の話です。

もし本気で実行したい、ということでしたら、

具体的にご相談いただけたら私のほうでも支援させて頂きます。


最初はうまくできないかもしれませんが、

とにかくチャレンジしてみることが大切です。

何かを変えないとずっと今のままです。

がんばりましょー!


-------------------------------------------------------------------------------------------
>本気でやれば違う自分を発見できるのではないかと思っていますが、
>本人はどうもそう思わないのです。
------------------------------------------------------------------------------------------

いろいろなお子さんを見てきて思うのは、

ほとんどのお子さんは自分で自分の限界を決めてしまっています。

勝手に限界ラインを決めていて自分で自分にブレーキをかけてます。

本当にもったいないですよね。

だから、私はいつもストッパーを外すような声かけを心がけてますよ。


いろんな子の例がありますが、、、

昔こんな生徒さんがいました。


「○○大学に行きたいなんて言ったら先生に怒られるから…。」


うーん。

志望校って、あくまで志望校なわけです。

今の学力の延長線上で志望校を決めろ、なんて誰が言ったんですかね。

別に志望するのは自由ですから、

誰かの目線を気にして決める必要なんてないでしょ。

彼は可哀そうですがそういう大人に囲まれて育ったのかもしれません。


先日、私が担当してる生徒さんの模試の結果が返ってきました。

偏差値10台から1年で偏差値60台まで伸びてましたよ。

この子も思い込みが激しいのなんの・・・。

「できるわけがない」

とずっと言い続けてましたから、

何度も何度もそれこそ何百回否定したことか(笑)。

「・・・んなことないから。大丈夫だから。」って。


結局、思い込みも使いようで、

「やればできる!」

と思い込めればまだいいのに、

「やってもできない!」

と思い込んでる子もたくさんいます。。。


思い込みを払しょくするところからスタートしました。

それはそれは大変な道のりです。

今まで培ってきた価値観を変えるわけですから。。。

ようやく形になりつつあります。


最近は、特に勉強以外の相談事が多いです。

「生き方」とか「考え方」とかそういうのばかり。

でも、結局、最終的にはそういうのが大事なのかなと思います。


よくお母様方から、

「勉強以外の話もたくさんしてあげてください」

と言われます。

いろんな話を通じてお子さんによい影響を与えてほしいんだな、と感じます。

成績の低迷は結果論です。

低迷するには原因があって、

たいていは「考え方」「捉え方」がよくありません。

自分をふさぎ込むような方向で物事を捉えていってますから。。。


これからも縁あって出会えた子どもたちが

自分に限界を作らずにチャレンジしていけるように、

使命感を持ってひとり一人と向き合っていきますね。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事しますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 16:58| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ