☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2016年08月16日

●英語やプログラミングの前に日本語力が必要

こんにちは。

齋藤裕一です。

今日は最初に日経産業新聞の記事をご紹介します。

------------------------------------------------------------------
英語やプログラミングの前に日本語力が必要
「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクター 新井紀子

http://goo.gl/X2fou6
------------------------------------------------------------------

上記の記事の中から一部抜粋すると・・・

『まずは、次の文をお読みいただきたい。
 「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、
  イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」
  オセアニアに広がっているのは何か。』

という文章を読ませて答えさせる問題に正解した生徒は・・・

『・・・正解の「キリスト教」を選べたのは全体のわずか54%。』



私(齋藤)は日本語での会話が難しい

日本人中学生を指導したことがあります。

何か障がいがあるわけではなく公立の学校に通っているお子さんです。


しかも、小説が好きで本を読むことは苦ではありません。

本を読むことは苦ではないのですが、読解することができません。

驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

何を書いてあるのかわからぬまま目を通しているだけです。


だからこの事例も納得できます。

これ、ふざけてるわけではないです。。。


目の前に文章で書いてあることを聞かれても正確に答えることができないんです。



記事の最後に、国立情報学研究所の新井紀子教授はこのように述べています。

『すべての子どもが、義務教育終了時に中学校の教科書を読めるだけの読解力を身に付ける。
 そのようなシンプルな教育目標こそ必要だと思う。』


教科書を読めるだけの読解力が身についていないお子さんは多いです。

あなたのお子さんは大丈夫でしょうか。


英語やITの前にまずは国語力。

国語力がなければうまく学習することができません。。。


こういう話をすると国語力を身につける・・・といっても何をしたらいいの?

と思う方もいらっしゃるかと思います。


私は

「文章の要約」

をお勧めしています。



「国語が苦手で全然成績が上がらない」

「国語って勉強のやり方がわからない」

「国語の記述の問題、どうも書けないんだよね」

「小論文を書こうとしても、原稿用紙が全然埋まらない」

というお子さんにも有効です。


今日はそんな記事をお届けします。

http://www.lfl.jp/know/knowhow111.html




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 13:54| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。