☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2016年08月23日

●トップレベル私立校の夏休み勉強時間は?

こんにちは。

齋藤裕一です。

夏休みもいよいよ終わりですね。


お子さんは夏休みどのくらい勉強しているでしょうか。


ちなみに、トップレベルの私立高校の場合、

学校側の提示する夏休みの受験勉強時間は計600時間です。


40日間×15時間で計600時間ですね。


ただし、私学はもう少し夏休みが長いところもあるので、

1日12時〜15時間程度になることが多いかなと思います。

1日12時間でも50日間あれば計600時間です。


だいたい私立トップレベルの高校であれば

このくらいの勉強時間を要求してます。


いつも思いますが、できる子らは、

まず圧倒的な勉強時間を誇っています。


勉強効率の良さを追い求めるのも大切ではあるのですが、

圧倒的な勉強時間を確保することはもっともっと大切です。


「これ以上、勉強時間を作れません!」

と悩んだ末に、

勉強効率の良さを追い求めてもよいのではないかと思うくらいです。


それくらい圧倒的な勉強時間に勝るものはないです。


キャリア官僚になった友人らを見ていても、

「数学の勉強に疲れたから、英語の勉強しよう」

という発想です。

「数学の勉強に疲れたから、休もう」

ではありません。

ずっと学び続けています。

それくらいの状況ですなら基本勉強が好きなんですよね。


「勉強が嫌いだなんて思ったことない」

と東大卒の友人は話していましたがまさに典型例かと思います。



勉強好きだから長時間勉強できるのか。

長時間勉強したから勉強好きになったのか。


どちらか先か・・・

という話も確かにありますが、

これは人によって違うようです。


どちらにしても、

◎圧倒的な勉強時間に勝るものはない。

ということは言えるかと思います。


最後に、関連コラムをご紹介しますね。

私の考える受験生の勉強時間を書いています。


●受験生の勉強時間目安は?

http://www.lfl.jp/know/colum317.html


ではでは。

また今度〜。





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告





posted by yuichi_saito at 16:08| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。