☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2016年09月13日

●問題集を選ぶときは書店で必ず○○をチェックしてください。

こんにちは。

齋藤裕一です。

前回のテーマは、
---------------------------------------------------------
●相談:「問題集はどれを選んだほうがいいですか?」
---------------------------------------------------------
でした。

お子さんに適した難易度の問題集の基準を紹介しました。

今、お子さんのお使いの問題集が、

・難しすぎないか?

・簡単すぎないか?

を判断する際の基準にしてくださいね。

難しすぎるとモチベーションダウンに繋がります。

簡単すぎるとそもそも学習になりません。やらなくてよいです。

適切な難易度の問題集を使うことが大事です。

http://www.lfl.jp/know/knowhow300.html


ただこの基準には問題点があります。

この方法は実際に問題を解いて正答率を測定した結果を用いて適切かどうかを判定します。

実際に問題を解いて正答率の測定しないと判定できないんですよね。

書店で、

「どれがいいかな〜?」

と選ぶ段階では使うことができません。

今使ってる問題集が適切なものかどうかは判定できます。


そこで、書店での問題集の選び方についてご紹介しますね。

これなら問題集を解く前の段階での判定に用いることができます。

正答率を用いたより厳密な判定よりは荒っぽい選び方になりますが、

何も考えずに選ぶよりは失敗する可能性が格段に低くなります。

これも大学で講演する際によくお話ししてます。

http://lfl.jp/know/knowhow301.html



ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

適切な難易度の問題集を使うことがスムーズな学習の第一歩。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 17:29| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。