☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2016年09月20日

●相談:「息子が1学期赤点を取ってしまって困っています。」

こんにちは!

齋藤裕一です。

昨日は、
・「学校を辞めたい」という生徒さんからの相談について
・かつての生徒さんで今は国土交通省の官僚になったお子さんについて
の2点を紹介させていただきました。

ご興味のある方は下記にありますのでどうぞ。
http://educationalgroup.seesaa.net/article/442068049.html


大事なことは・・・

◎今のベストではなく将来を見据えたベストを目指すように導いていく

ことだと思います。

お子さんはお子さんなりに今の自分の置かれた状況でベストな選択しようとします。
しかし、大人の私たち視点からするとズレてるのではないか、と思うことがあります。

そのズレ・・・が親子間のケンカの原因ですね。

親子で話し合う姿勢が一番大切です。

しかし何度話し合ってもお子さんにわかってもらえなかったことでも、
親ではない信頼できる人からのアドバイスでお子さんが一瞬で腑に落ちることがあります。

私はプロ家庭教師としてそういう先生を目指したいと思っています。

だからお子さんとの信頼関係が一番大事。
信頼関係を築けるように日々生徒さんと接することが
私の生徒指導のポリシーです。




さて。

本日も
「小学生の頃から家庭教師の先生がついているのですが、
高校生の息子が1学期赤点を取ってしまって困っています。」
という趣旨のご相談をいただきました。

プロ家庭教師の交代のご相談ですね。
これはよくいただくご相談内容のひとつです。

成績が低下している原因はそれぞれのお子さんで違います。

実際にお話をお伺いした上で原因を特定していくことになりますが、
今日はよくある原因のひとつを書いたコラムを紹介しますね。


このコラムでは私が面談・体験を通じて感じている、
いろいろなご家庭で共通して起きている問題点を述べます。

もしお子さんの成績が伸びていないようなら、
同じような状況に陥っていないかチェックしてみてください。


ひと言で言うと・・・
◎関連性のない複数のカリキュラムを同時並行で学習することによる弊害
です。

すでにお子さんはキャパオーバーしており、どれも中途半端なのです。

→ https://goo.gl/B77brP



ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日の提案!

相乗効果を見込めるカリキュラムを組みませんか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:30| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。