☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2019年06月23日

東工大院の研究室集まりに行ってきた。

こんにちは、齋藤裕一です。

昨日、東工大院の研究室の集まりに行って来ました。

お世話になった先生の祝賀会で研究室OBがたくさんいらっしゃってました。

教育工学が専門の研究室だから、大学の先生方や中学・高校の先生方をはじめ教育関係のお仕事をされてる方が多いです。


そんなOBの中で、独立して自分で自由に生徒指導し続けてるのは私くらい…(笑)


私は2008年3月卒業ですから、大学院を卒業してからもう11年も経っているんですね。

紆余曲折ありましたが、11年も続いてて今も第一線で生徒指導できることに感謝です。

ご相談してくださる方がいらっしゃるからこそ続けることができますから。


ちゃんとした学校の先生方は理想の教育を目指して試行錯誤を繰り返してます。

その理想に共感するご家庭がその学校を目指すことになりますが、その学校のその魅力的な教育を受けるためには、受験で合格する必要があるんですよね。

プロ家庭教師はその架け橋をするのが役目です。

私にご依頼してくださる方がいらっしゃる限りは続けていくつもりですよ。


ちなみに同期も先輩もお子さんがいらっしゃる方が多いのですが、、、

「齋藤くん、ちょっと時間ある?」

と飲み会の席で声を掛けらて、

「うちの小2の長男が宿題を…」

と家庭内の諸事情について相談されました。(笑)


研究室の同期も、

「困ったらお願いするから」

と言われました。(笑)


私はこの研究室でそういった役目を担っていくのでしょうか^^;

通常は外に漏れにくい、いろんなご家庭のやり方をどんどん蓄積してますので、みなさんそれを知りたいんでしょうね。

受験に成功しやすい家庭と成功しにくい家庭があるのは事実ですから。

だいたいお話を伺えばあらかた予測できるようになってしまった自分が怖いです。。。


ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 11:30| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ