☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2019年06月29日

モンテッソーリ教育の講演会

こんにちは、齋藤裕一です。

今日は、モンテッソーリ教育の講演会に参加してきましたよ。


ひと言で…保育園の先生も参加するプロ向け講演会だけど、参加しなくてもよかったわ^^;

書籍で十分でした。

モンテッソーリ教育の書籍を数冊読んでから講演会に参加したのですが、書籍のほうが情報量が多いですし、刺激があってよかったです。

この講演会は、一部プロが参加する講演会なのになー。


やっぱり講演会は内容よりも登壇者の熱意や情熱を感じに行くような場ですかね。


で、講演会が終わったあとに、学生時代のことを思い出しましたよ。

私は学生時代に教育書籍を読み漁っていた時期があるのですが、教育書籍を読んでも読んでも読んでも、だんだんと

「同じことばっかり書いてある…。」

と思うようになっていったんですよね。


理念や理想はよいのですが、

「で、それを実現するためには、具体的にどうやって指導するの?」

と疑問を持つようになりました。


自分の身の回りの友だちと教育のディスカションをしても、刺激がなくて、もっともっとちゃんと学びたい、と思うようになっていきました。

より深い内容を求めるようになっていったのですが、その行きついた先が教育工学だったんです。

東工大で教育工学を研究室する恩師の松田先生でした。


今もたまに研究室に顔を出していますが、利害関係のない自由な立場で教育トークできる環境ってそうそうないんですよね。

大変に感謝しています。


で。

モンテッソーリ教育のすべてを賛成するわけではないですが、共感できるところもあるので、引き続き、モンテッソーリ教育の勉強も続けていこうと思います。


私は小中高生を中心に指導している立場なので、幼児教育とは視点が異なると思うのですが、「環境」が大切なのはわかるのですが、「環境」さえ用意すればよいわけではない、と思うんですよね。

その環境を生かすも殺すも本人次第である、ことに異論のある方はいないと思います。

だから、私は与えられた環境に感謝して、十分にその環境を活かすようにお子さんを説得することはよくあります^^;


ま、本人の意欲がもっとも重要であることは、モンテッソーリ教育でも、他教育理論でも同様ですかね。

モンテッソーリ教育では、子どもは生まれながら学ぶ意欲を持っている、と考え、教育工学では、学習内容に興味・関心を持てるように動機付けをしっかり行います。

引き続き、教育理論の勉強も続けていきたいと思います。

ではでは!

今日はこの辺で。
またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:
お子さんの「勉強」についてお困りでしたら
私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:07| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ