☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2007年08月23日

採用率39%の日本最大手家庭教師センター

採用率39%

ふ〜ん。
日本最大級のとある大手家庭教師センターに書いてある数字です。



この数字について、ちょっと考えてみたいと思います。


採用された人だけが教師登録できるはずです。
この登録者数がHPによると48万人だから、単純に計算するとこの家庭教師センターを受験した人は123万人います。

123万人受験して、48万人が合格、75万人が不合格。


この数字をどう捉えるかが問題です。





昨年のセンター英語の受験者が52万人います。
センター英語の受験者数と大学受験生の数は一致しませんが、大まかに捉えるために一致していると仮定して、数字も50万人にしてみます。



また、18歳人口がおよそ130万人で、進学が100万人程度。

この数字も見逃せません。
でも、専門学校に進学する人が家庭教師として学校の教科を教えることはあまり現実的な話ではないから、この家庭教師センターの試験を受けるとは考えられない。

それに私立のセンター利用が拡大され続けている現実を考慮しても、センター試験を受験しないような人(私立医学部だけを受験するような方は考えている数字の大きさから考慮すると特殊だし人数が少ない)が家庭教師として登録はしないだろ…


そうするとセンター英語の受験者がそのままこの家庭教師センターの試験を受けたとして、4年間で200万人。

この家庭教師センターが全国展開を達成して約10年(も実は経ってない)として、仮に全てのセンター英語受験者がこの家庭教師センターを受験したとして500万人。

ただ浪人生もいるから、このなかで複数回受験のカウントも考慮しなきゃいけないけど、今回は無視します…


この他に社会人の方が受験する可能性を含めないといけないけど、家庭教師のプロと学生比率を考慮すれば大した数字ではないし、さっき無視した浪人生の複数回受験でもともと数字が大きくなってるから、それと相殺するとして無視します。



う〜ん。
ということで…


500万人のうち、123万人がこの家庭教師センターを受験した??

約4人に1人が受験した!?


ホントに??



私の大学の友人で考えると、こんな割合ではいないのですが…



この数字をどう受け止めるか…



一考察でした。





p.s.
批判しているわけではありませんよ。
あくまで数字の信憑性を考えるための一考察です。


数字からどう判断するかはそれぞれの方の解釈次第なので…

それにかなり大雑把な計算ですし…


ちなみに私は落ちた人、聞いたことがありません。

落ちた方はどこにいるの??


これも疑問です…





posted by yuichi_saito at 03:08| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。