☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2007年11月18日

自分ブランド

ブランドということのほどでもないけど…
私は色んな立場からこの業界を見たいと思ってます。

・大手集団塾の立場から
・大手個別指導の立場から
・大手予備校の立場から
・個人塾の立場から
・大手家庭教師センターの立場から
・地域密着家庭教師センターの立場から
・高校での教育実習の立場から
・大学院での教師教育の立場から
・私立中学の入試問題解答作成の立場から
・小学生低学年向けの教材販売テレアポの立場から

とりあえず今まで経験してきた現場を列挙してみました。


1つか2つくらいしか経験していない人は多いけど、塾と家庭教師と予備校の3つをコンプリートしてる人になると極端に減ります…

これにさらにプラスアルファして、教育実習に、教師教育の立場に、理論的研究まで入れるとさらに人数が少なくなっていく…


さらに24歳で、私立学校経営セミナーに参加してる人なんて皆無…(運営されてる方曰く、大学院生の参加ははじめてトカ。平均年齢50代?とかそんな世界だから…)



特に、自分ブランドを創るためにやってるわけじゃなくて、ただ単にこの業界をもっともっと多角的に捉えたいから。

ただそれだけの欲求で色々やってます。




だって、こんなこと言う人信じられますか?

「この塾はすばらしいですよ」

たった一つの塾やそれしか経験したことのない人が、こんなこと言ってたらねぇ…(上記は、大手塾のある教室長が言ってた言葉)


それじゃ宗教になっちゃうじゃん…

それしか知らなくてどうしてそれの良さがわかるのよって思いませんか。


言葉は悪いけど、単に洗脳されてるか、単なる営業かのどっちかで受け止めてしまいます…





まだまだこの業界も未知な部分がたくさんあって、色々な経験してみたいなぁ…とは思います。

それぞれの機関のメリットとデメリットに、限界ラインなどなど…

知りたいことがいっぱい(^^)/




真の教育って何なんだろう???

ひたすらそれを追いかけてます。


posted by yuichi_saito at 01:10| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。