☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2005年11月09日

実績

私は実績を重視している。結果として、どうなったのかを一番の評価対象としている。
その人がどんなことをしてきたのかは、実績をみればだいたいわかると考えている。だからこそ、このブログにも載せることにした。ただの大学生ではないことをアピールしたいから・・・。私は「ふつー」の大学生ではない。自分でそう言い切れる自信がある。そして、今現在さらなる高みへ挑戦すべく、自分自身にプレッシャーをかけている。。。

『実績とは果物である』
果物は、ほっておくと、どんどん腐っていく。もぎたてはおいしいのだが、時間が経つにつれて、もはや食べ物ではなくなる。異臭を放ち、手のつけようがなくなる。そんな異臭を放つ果物を持っていても、人から嫌がられるだけだ。
実績も同じではないだろうか。過去は過去だ。今はこの一瞬のみである。だからこそ、今もなお作り続けれければ意味がないと思う。

私は、「いや〜昔はこんなだったんだよ〜」という大人だけはなりたくない。何年も何十年も前のことを喋ったって仕方のないことだと思うから。そんな人間にはなりたくない。だから、私は常に実績を作り続けなければならない。それも高頻度でどんどん更新し続けなければいけないと思っている。

☆大学2年のとき、60名(中1)の偏差値をひとり当たり9上げた。でも3年前だ・・・。

☆大学3年のとき、個別指導(中3)で夏休み明けに偏差値を19上げた。でも2年前だ・・・。

☆大学4年のとき、家庭教師(中3)で4ヶ月の指導で偏差値12上げた。でも1年前だ・・・。

☆そして今年、家庭教師(中3)で6ヶ月で学年女子1位2連覇&模擬試験満点を取った。でも3ヶ月前だ・・・。

もうすでに3ヶ月も前のことだ。こんな昔の実績に拘っている場合ではない。早く新しい実績を作らなければいけない。私は家庭教師として雇われている以上、成績を上げるのが一番の仕事である。そのために保護者の方々に雇われている。青年子守担当の先生ではない。


自分の実績をブログに書いたことで変わったことがある。
それは、私に依頼に来る案件はみな困難なものばかりになった・・・ということだ。急を要するものばかりだからこそ、きっと私に依頼が来るのだと思う。でも、それが自分の存在意義にも繋がってくる。だから私は必ず達成する。今もなお、いくつかの案件がある。それらを達成次第、順次公表していこうと思う。

昨日、ある方から個人的に「このブログは挑発的だ」とメールが来た。
確かに、同じ業界の人から見れば、そう受け取れなくはない。でもこれは自分のこれまでやってきた証であり、誰も変えられない事実だ。

正直、実績を消そうかどうか悩んだ。でも実績を消すことは、これまでの自分を消すことでもある。やっぱりそんなことはできない。絶対できない・・・。

この実績がないと私は単なる大学生である。そこら辺によくいる「家庭教師を単なる時給のいいアルバイト」だと思っている大学生に思われてしまう。ただ人より少し教育について考えてるんだね・・・程度になってしまう。そんなのはやっぱり嫌だ。

私は「普通」が嫌いだ。「普通」「常識」って何ですか??と問いたい。結局は「偏見」でしかないと思ってしまう。大人が子供に押し付けるものは、ほとんど偏見ばかりではないか・・・
と感じてしまう。

だから、私は世間でいう「非常識」なやつなのかもしれない。でもその分、自分の発想にも限界がない。成績ぐらいなら、いくらでも上げられると思っている。だから、世間では「無謀」とも言える案件も全て引き受けている。


『限界を作るな・・・。』
生徒に言う前に、先生自身が証明するべき事柄ではないだろうか。
posted by yuichi_saito at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログへ