☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2008年04月03日

コツコツ

コツコツ書類を作成中…



ある行政書士さんのHPみたらこんな趣旨のことが書いてあった。

「会社設立のための書類作成に時間をかけるのであれば、本業に専念してください。それが本来のお仕事ではないでしょう」


私の場合は、単純にこれで納得できないけど、この論理でどのくらいの人が納得するんだろう??



わたしの中の意味づけとしては、それら作成する行為自体が社会勉強の一貫なのであって、その行為をすっとばしたら勉強できなくなっちゃうじゃんって思うんだけどなぁ…


もちろん人によっては、きっと「不安だから」とか「余計なことやってる場合じゃないだろ」とか、いろいろあるとは思うんだけど、わたしの場合は結果そのものを重視するというよりはプロセスのほうを大切にしてたりします。


「正しいプロセスを経ることで、正しく結果が出る」

というのが信条。


この場合はのプロセスは自分の力でできる限りのことをやりつくす行為が正しいプロセスで、結果とはそこから社会の仕組みを学習できるかどうかがが結果です。

もちろんこれまでにもたくさん書いてきたように、この業界を変革していきたいという気持ちはたくさんあるけれど、それと同時に学習するためのツールとしての会社という意味合いもある。

会社に入ってしまうと、全体像を俯瞰できずに部分的しかみれないことがほとんど。自分でやってみると、思いがけないことがたくさん見えてきたりもして、その大変さも感じてくる…


そうそう…
おととい、昨日と街を歩いていると「あぁ、新社会人の方だなぁ」と思いつつも、「そんな人生を選択しなかった自分は本当にこれでいいのか?」と自問自答を続けたりも当然しますよ。

「選択とは捨てることだ」

と誰かが言っていたけど、これ本当。


上記の場合は、どちらかというと消去法に近い考え方のような気もしなくはないけど、結果的に選ぶということは、他の選択をしないことにも通じるからな…




さぁ、コツコツ取り組みます。



posted by yuichi_saito at 13:37| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ