☆プロフェッショナルを身近に感じてみませんか?☆
■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■

●ツイッターはこちら。●フェイスブックはこちら。●ミクシィはこちら

☆東工大院卒の数学教育を専門とする実績重視プロ家庭教師☆
私の人生目標は、人の役に立って死ぬことです。
どんな困難な状態であっても必ず結果を残す
学習コンサルタントを目指します。→こちら(過去記事です)

☆今はここでがんばってます!☆
お陰様で、累計100,000文字以上のありがとうをいただきました↓ ブログ用枠あり.png


新着記事

2015年04月21日

5名の方に。メッセージありがとうございます。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



新年度が始まって3週間ですね。

お子さんも少しずつ新しい生活に慣れてきましたでしょうか。


私は昨年度は本当に忙しく慌ただしい毎日でした。。。

ようやく生徒指導も落ち着いてきてブログ更新してます。


全国から沢山のメッセージをいただいていたのですが、

お返事が滞っている状態で申し訳ありませんでした。


いただいたメッセージにはすべて目を通していますよ。

少しずつお返事していきますね。



今日は5名の方からいただいたメッセージをご紹介します。

一部、お返事しますね。


--------------------------------------------------

いつも良いお話をありがとうございます。

とても参考になります。

これからも益々のご活躍をなさいますよう、陰ながら応援させて頂きます。

--------------------------------------------------

褒めることの難しさを痛感しています。

私も9まで褒めないタイプです。

褒め基準と言われて興味を持ちました。

褒め達的な講義を受けたこともありますが、

何かワザとらしくて普段と変わりなくなってしまいました。

昔の人間なので叱って育てる的な方が合点がいく感じですが

時代が変化しているので頭を切り替えなければと思い応募致します

--------------------------------------------------

資格試験が年々難しくなってきています。

それに対して対応していきたいのですが

--------------------------------------------------

家庭教師を数人担当している国公立理系大学に通う学生です。

最近担当しはじめた小学生の子が伸び悩んでおり、

悩んでいるときにここにたどり着きました。

ガイドブックを読んで参考にさせていただきたいです。

--------------------------------------------------

50歳を過ぎてから無性に勉強をやりたくなりました。

ぜひ、参考にさせていただきたいので応募します。

--------------------------------------------------


以上、5名です。


--------------------------------------------------
>いつも良いお話をありがとうございます。
>とても参考になります。
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

参考にしていただけて光栄です。

今後ともよろしくお願いいたします。



--------------------------------------------------
>褒めることの難しさを痛感しています。
>私も9まで褒めないタイプです。
--------------------------------------------------

多いですね…(笑)

自分基準で考えるほめ基準…。

褒め言葉ばかり勉強してもその言葉が出なければ

使う頻度が少なくなります。


お子さんにあわせた「ほめ基準」を設定してくださいね。


そんなの当たり前でしょ…とつい言いたくなりますが、

そう思える自分になったのはそういう教育があったからです。

そう思えるように育ててもらったことに感謝しなきゃですよね。


お子さんにとってはまだまだその基準まで到達してません。

だから褒めない・・・のではなくて、

その基準まで導くべく褒めてあげてくださいね。



--------------------------------------------------
>家庭教師を数人担当している国公立理系大学に通う学生です。
>最近担当しはじめた小学生の子が伸び悩んでおり、
>悩んでいるときにここにたどり着きました。
--------------------------------------------------

伸び悩む原因はいろいろあります。

単純に勉強方法で解決するならいいですね。

試行錯誤してがんばってください。



--------------------------------------------------
>50歳を過ぎてから無性に勉強をやりたくなりました。
>ぜひ、参考にさせていただきたいので応募します。
--------------------------------------------------

素晴らしいですね。

人間、一生涯勉強ですから。

年齢は関係ないですもん。

勉強していきましょ!!

私も日々新しいことを勉強してます。






ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事しますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:17| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

札幌・名古屋にお住いの方へ。11月出張カウンセリング空き日程です。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


慌ただしい毎日を送っています。

お陰様で私をご指名してくださる保護者様や大学様が多く、

日々、中高大学生への指導を中心に毎日を過ごしています。


教育命・・・で生きてきた人間なので本望です。

私も半年くらい休みなしで頑張ろう!と思ってお応えしてますよ。


とは言っても、物理的に限界はあります。。。


昨日も、

「2学期の中間テストの結果が悪くて・・・」

といったご相談をいただきました。


1か月半お待ちいただいてから指導スタートになりました。


ご予約待ち・・・いただいています。

ご興味のある方がもしいらっしゃいましたら、

なるべくお早目にご連絡いただけると助かります。



今年度は大学受験指導だけでなく大学講義も沢山していますよ。

特に秋は地方出張が多いです。


札幌・名古屋を中心にお伺いしていますので、

もしご興味のある方いらっしゃいましたらお声かけください。

お時間をお取りしてご相談を承りますね。


「地方だから・・・」とあきらめないでくださいね。


遠方の方でもしっかり指導させていただいてるご家庭もあります^^


以下、出張カウンセリングの空き日程をお送りしますね。

●日程一覧:
11月 1日(土)16時〜18時(名古屋駅周辺)
11月14日(金)17時〜19時(札幌駅周辺)
11月15日(土)17時〜19時(札幌駅周辺)
11月16日(日)18時〜20時(新千歳空港内)
11月21日(金)17時〜19時(札幌駅周辺)
11月22日(土)17時〜19時(札幌駅周辺)
*多少の時間帯変更はご相談承ります。

●内容:各種ご相談OK。
    マンツーマンであなたのご相談を丁寧にお伺いします。

●料金:お問い合わせください。
 *出張&交通費などすべて込み。
 *各2時間です。


ご興味のある方は下記からお問い合わせ下さい。

http://goo.gl/tGUqqc

ご連絡をお待ちしています。


ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

札幌・名古屋で出張カウンセリングしてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 08:54| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

初!静岡市!限定1名のみ、ご相談お受けします。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



最近、とても忙しい毎日を過ごしています。

子どもたちのために自分の時間を目一杯使ってますよ^^



今月下旬には静岡県に出張に行きます。

約100名の大学生向けに色んなお話をしてきますね。



で、地方出張した際に・・・

空き時間を使ってカウンセリングを実施してます。

今までも札幌と名古屋で実施しました。


はじめての静岡市です!


もし静岡市周辺にお住いの方いらっしゃったらお声かけ下さいね。

限定1名のみ、です。


●日時:10月20日(月)19時〜21時
●場所:静岡駅周辺
●内容:各種ご相談(受験相談、勉強法相談、生徒指導、保護者面談など。)
    マンツーマンであなたのご相談を伺います。
●料金:お問い合わせ下さい。
 *出張費などすべて込み。30分まで延長無料。

ご興味のある方は下記からお問い合わせ下さい。

http://goo.gl/tGUqqc




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

静岡市で初めてカウンセリングをやります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 11:50| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

メッセージありがとうございます。お返事します。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日もメッセージをご紹介します。

たくさんのメッセージをいただいています。

一部、お返事させていただきますね。

計5名です。


----------------------------------------------------------------------------------------

子供ばかりで無く、人を導くことは、大事業とも言えますね。

自分も常に研磨していくことが必要ですね。

色々な場面で参考にさせて頂きたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------

まだやり直せる。

そう思うので、ダメなところを早めに直して、

時間を有効に使いたい。

なりたい自分になるためには、まず勉強からだと思うので。

----------------------------------------------------------------------------------------

いつも、参考にさせていただいている二児の母です。

漠然と勉強をすれば良いと思っている私の考え方に

具体性を持たせてもらっています。

勉強ばかりではなく、今の子は親もですが本当に毎日が忙しい。

心も体も頭も成長していく中で具体性を持つことは

大切だと日々感じてい読ませていただいてます。

また、子供たちへの意識の持たせ方にも難を感じております。

少しでも勉強させて頂ければと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------

「伸びる子と伸びない子の差」のコラムを読ませていただき、

伸びない子がまさにわが子に当てはまり、

以前から感じていたことを改めて痛感させていただき、

急ぎ対策をと感じた次第です。

----------------------------------------------------------------------------------------

たしかに同じことを最近感じます。

中学生の男の子は特に。

自分も男だったのに、不思議にもわかりあえないこともありますね。

----------------------------------------------------------------------------------------


以上、5名です。


メッセージありがとうございます。

以下、一部ですがお返事させていただきますね。


----------------------------------------------------------------------------------------
>自分も常に研磨していくことが必要ですね。
----------------------------------------------------------------------------------------

そうですね。

常に自己研鑽の毎日です。

一生涯学び続けることが大切だと思います。


私の立ち上げたLFLの理念は・・・

Learning For Life / Life For Learning です。

人生のための学びであり、学びのための人生である、

という私からの強いメッセージを込めた名称になってます。

対象者は子どもたちだけではありません。

大人も含めすべての人です。

もちろん私も・・・です。

日々、自己研鑽していきましょうね。


----------------------------------------------------------------------------------------
>まだやり直せる。
>そう思うので、ダメなところを早めに直して、
>時間を有効に使いたい。
>なりたい自分になるためには、まず勉強からだと思うので。
----------------------------------------------------------------------------------------

そうですね。

なりたい自分になるためにも勉強することは絶対必要です。


ダメなところを直す・・・とのことですが、

一般的な視点でダメなところを、と考えない方がよいですよ。


あくまでもなりたい自分像があるわけですよね。

そのなりたい自分像に対してのダメなことを直してください。

どのように評価するのか・・・評価方法によって見え方が変わります。

自分の目指す方向性においてよい評価となるように変えてくださいね。


・・・だからゴールを常に意識することが大事です。

ゴールを明確にイメージできればそこを基準に自己評価できます。

そうすれば確実にゴールに近づいていけるはずですよ。



----------------------------------------------------------------------------------------
>漠然と勉強をすれば良いと思っている私の考え方に
>具体性を持たせてもらっています。
----------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございます。

具体性・・・ですか。

具体的な行動に落とし込めない抽象論は何の役に立つのでしょうか。

具体と抽象はセットで考えたほうがよいです。


たとえば、

「そこから何を学ぶの?」

という問いかけはとても大切ですが、

その状況のままで同じ失敗を繰り返さないことも大切ですが、

同じ状況は二度と起きないこともあるわけで、

もう少し抽象的なレベルにして同じ失敗を繰り返さないことも大事です。


↑と言いながら、具体的な例が思い浮かばない。笑。

 みなさんに共通する話題にしようとすると結構難しいです。すみません。

 だから抽象論になってしまいがち、です。

 具体例を用いたほうが説得力が増すのですが、

 それは共通認識があってこそ成立するので…いつも苦労してます。



----------------------------------------------------------------------------------------
>伸びない子がまさにわが子に当てはまり、
----------------------------------------------------------------------------------------

なるほど。

軽く捉えている節があるのかも、ですね。

「やればできるんだから!」

と言って励ます親御さんもいらっしゃいますが、

それをそのまま言葉通りに受け取っている子の場合・・・

「俺だってやればできるんだから」

と言って、言い訳して、本当にそのままやらないケースもあります。


放置し続ければし続けるほど、あとからやろうとしても、

すでにハードルをクリアする壁が高すぎてできないままに。。。


伸びない子には伸びない子の考え方があります。

一番の根本は、その考え方を変えること、が大事です。


物事の捉え方そのものを変える必要があります。


私がテストの点数を取らせようと躍起になるのは、

点数アップそのものを狙う以上に、それをキッカケに、

根本的な考え方を変えることを狙っているからです。


実際に成功体験を積ませながら、

根本的な考え方を変えようとしてます。



悲観的な言葉が本当に多すぎ・・・なんですよ。

現場でいろんなお子さんの指導をしていますが、

どうしてここまで悲観的すぎる発言ばっかなの?思いますもん。


性格・・・で済ませたらそれまでですが、

すぐ文句言ったり悲観的な発言ばかりとか本当に情けない。

どうなってるの?っていつも思いますから。




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:32| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

9月15日(月)名古屋カウンセリングやります。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


突然ですが・・・

名古屋出張が確定しました。

9月14日(日)から2泊3日です。


私は今年度、名古屋方面に生徒指導に伺っています。

東京にいる私をご指名&お呼びいただいてますよ。


本当にうれしいことです^^

ありがとうございます。


で、今回せっかく名古屋までお伺いしているので、

先着1名様まで一般枠をご用意させていただきました。

もしご興味ある方がいらっしゃったらお声かけください。


○日時:9月15日(月)敬老の日 19時〜21時(時間帯相談可)
○場所:名古屋駅周辺(喫茶店・ホテルラウンジなど)
○内容:受験相談、勉強法相談、生徒指導、保護者面談など。
    あなたのためだけにマンツーマンでご相談を伺います。
○料金:お問い合わせください。


ご興味のある方がいらっしゃったらご連絡お待ちしていますね。


さてさて。


今日もいただいてるメッセージをご紹介します。

一部、お返事させていただきますね。

計5名です。


--------------------------------------------------

佐賀県でもお願いできたらいいのですが。

--------------------------------------------------

高校3年生の大学受験生の保護者です。

志望大学は有るものの成績が追いつかずです。

参考になればと申し込みをさせて頂きました

--------------------------------------------------

大人ですが、要約力をつけたいです。

勉強のやり方、参考書もしくは問題集でおすすめも教えて下さい。

--------------------------------------------------

貴殿の教える姿勢に興味をもって何時もマガジンを読んでいます。

これを機会があれば子供の保護者に伝えようと考えています。

--------------------------------------------------

長年中学校の教師をやっていましたが、体調を崩し退職し、

療養を経て、4月から少しずつ家庭教師をはじめました。

公立中学校と違い、わざわざ金を払って雇う家庭教師なのだから

勉強に対する意欲は高いのだろうと思ったのですが、

中学校と大して違わない子どもたちに愕然とする毎日です。

私のやり方も良くないのだろうと思い、

これからいろいろと勉強したいと思い、申し込みました。

--------------------------------------------------

以上、5名です。


メッセージありがとうございます。

以下、一部ですがお返事させていただきますね。


--------------------------------------------------
>佐賀県でもお願いできたらいいのですが。
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

今のところ佐賀県にお伺いする予定はございません。

今回の名古屋同様に北海道と静岡県に伺う予定はあるのですが…。


佐賀県ですと、スカイプを使った遠隔指導は可能です。

一番遠いところで・・・

北京にお住いのお子さんへのスカイプ指導は経験がございます。

もしよかったらご連絡いただけたらと思います。


--------------------------------------------------
>高校3年生の大学受験生の保護者です。
>志望大学は有るものの成績が追いつかずです。
--------------------------------------------------

なるほど。

センター試験まで4か月強ですね。

いよいよラストスパートに時期になりました。

私たちも今年度の受験生のラストスパートを支える

指導依頼をいただく時期になりました。

もしよかったらご相談いただけたらと思います。

志望校合格に届くよう指導させていただけたらと思います。


--------------------------------------------------
> 大人ですが、要約力をつけたいです。
>勉強のやり方、参考書もしくは問題集でおすすめも教えて下さい。
--------------------------------------------------

小論文指導もさせていただいてます。

大人の方でも大丈夫です。よかったらお声かけ下さい。

また、勉強のやり方についてですが、

本屋さんに行けば色々なものがありますので、

まずは10冊程度読破されてみては如何でしょうか。

10冊程度読んでみるとそれなりにまとまっと情報量になりますよ。

私は新しいことをするときはその分野の本を10冊くらいは目を通します。


たとえば、このメルマガ発行をするときも、

実際にメルマガを発行しながら全書籍に目を通しました。

アマゾンで購入できる書籍媒体はすべて読み込んでいます。

これも一種の勉強法です。

基礎知識としてまずは10冊程度読まれることをお勧めします。



--------------------------------------------------
>貴殿の教える姿勢に興味をもって何時もマガジンを読んでいます。
>これを機会があれば子供の保護者に伝えようと考えています。
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

お陰様で教育関係者の方にも好評を得ています。

そのためたくさんのご紹介をいただいているようです。

↑そういったメッセージを度々いただいています。

ありがとうございます。本当にうれしく思います。



--------------------------------------------------
>公立中学校と違い、わざわざ金を払って雇う家庭教師なのだから
>勉強に対する意欲は高いのだろうと思ったのですが、
>中学校と大して違わない子どもたちに愕然とする毎日です。
--------------------------------------------------

そうですよ・・・^^;

むしろ結果を求められるのがこの業界ですから、

学校の先生あがりの先生には厳しすぎる業界かと思います。


でも、私はずっとそういった環境に身を置いていたので、

成果をガンガン残せる術を自然に身に付けられたかなと思います。

アプローチ手法を自分でたくさん考えてきましたよ。

今では試行錯誤する回数が減って、成功確率も段違いによくなってます。

だから今ではプロ家庭教師より大学講師のほうが難易度が低くよっぽどラクです。


私は基本的にオープンなスタイルをとっていますから、

私の考えがあなたがやる教育に役に立つのならご参考にして頂けたら幸いです。

同じ子どもたちの教育に携わるものとして頑張っていきましょー!



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 22:19| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

ついに、代ゼミが大幅縮小します。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


すでにご存じの方も多いと思いますが、

予備校業界で衝撃のニュースが報道されてます。


大手予備校 代々木ゼミナールが全国27校舎あるうち、

20校を閉鎖。閉鎖校は生徒募集停止するとのこと。

代ゼミのセンター模試やセンターリサーチも今年度で最後とのことです。


●参照URL:http://goo.gl/Bi6Tt1


実はこれ・・・業界では有名なお話です。


私がこの事実を知ったのは大学院生のときです。

なので、今から7年〜8年前からずっと知ってました。


その時代から代ゼミ講師には通達が行っていたそうで、

クビ切りにあう可能性のある講師は自発的に他予備校に移ってました。

当時の情報だと、全国に残す講師は100名ほど。

生授業ではなく映像授業中心になるとのこと、でした。


↑大手予備校のK塾の現役講師からの情報です。


ちなみに・・・

「代ゼミは不動産で儲けてる」

とのことです。

↑この話をするとびっくりする方が多いです。


実際に業態転換を目指すようですね。

ホテルとかレンタル会議室とかに変わるみたい。


時代の移り変わり・・・ですね。


おそらく原因は・・・

代ゼミの主要層の減少と志向変化かもしれません。


・子どもの人数の減少

・浪人よりも現役志向に

・私立大よりも国公立大志向に

・文系よりも理系志向に

といったところかなと思います。




ちなみに・・・

私は大手予備校のようなマス向け受験教育をするつもりはありません。

あくまでもひとり一人の子に向けた個別具体的な教育をしたいです。


個々のご家庭にご希望が全然違いますから。

できる限りご家庭の希望を叶えていきたいですもん。



私はマンツーマン指導にこだわっています。

そうすると指導できる人数にどうしても限りが生まれますが、

ご家庭のご希望に添えないまま自己満足で大人数を教えるよりも、

とにかくひとり一人の現状にあわせて少人数でも徹底的に指導したいです。


たくさんの子どもたちに浅く関わるよりも

少ない人数の子どもたちであっても深く関わりたいな、と。


そう思って活動してます。

ひとり一人のための教育ですからね。


引き続き、がんばりますね。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

ついに、代ゼミが大幅縮小します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 20:42| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

第3弾!メッセありがとうございます。お返事します。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



たくさんのメッセージをいただいています。


今日もメッセージのお返事しますね。

今日は4名です。

いつもありがとうございます。


個人的にお返事させていただいた方もいますが、

一部、こちらでもお返事をさせていただきますね。


ここから↓

--------------------------------------------------

参考になる配信、ありがとうございます!

勉強になります^^

--------------------------------------------------

いつも読ませていただいております。

為になる内容が多く、感謝しております。

--------------------------------------------------

息子が発達障害のグレーゾーンです。高校一年です。

中学ではオール2。中には、偏差値55以上の教科も

いくつかありましたが、提出物、態度の点で2でした。

其の後、オール2で入れる学校にはいり、

入学あとすぐの試験で学年一桁になるも、期末では、

まったく勉強せず40人クラスで半分以下。

態度点では、cがついてしまいました。

--------------------------------------------------

教員をしています

いつも拝読させていただいています

とても参考になっています

これからもいろいろとお教えください

よろしくお願いします

--------------------------------------------------

以上、4名です。

一部お返事させていただきますね。


--------------------------------------------------
>息子が発達障害のグレーゾーンです。高校一年です。
--------------------------------------------------

お子さんはグレーゾーンなんですね。

態度で成績が悪くなってしまう状態なのですね。

態度を改善させるのは難しい、ということでしょうか。

・・・そうするともっと先の将来が心配ですね。。。


たとえば就職試験の筆記試験は突破できたとしても、

その後の面接試験で落とされる可能性も大きいですから。


今、LFLでもグレーゾーンと言われている

お子さん(中3生)を指導してます。

どうも落ち着きがないお子さんです^^;

ただ指導中の態度は特に問題ありません。


基本方針は・・・

一つ武器を作ろう!という発想で指導してます。


昔から英語が好きで中1の段階で英検3級取得してました。

ですので私も高校は英語教育に力を入れてるところを勧めてます。


どのような教育方針で伸ばすのか・・・は親御さん次第ですが、

オールマイティにというよりも何かひとつ秀でたところを伸ばすのが

いいかな、というのが私の基本的な考え方です。


--------------------------------------------------
>教員をしています
>いつも拝読させていただいています
--------------------------------------------------

学校の先生ですねー。

ありがとうございます。

学校教育にお役に立てたら幸いです。





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 23:48| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

第2弾!4名の方にお返事します。

今日もメッセージのお返事しますね。

たくさんのメッセージをいただいています。

いつもありがとうございます。


個人的にお返事させていただいた方もいますが、

一部お返事させていただきますね。


--------------------------------------------------

教育コラムは、楽しみに拝見させていただいています。

さわやかで、適切なアドバイスには、いつも感銘いたします。

今後のご活躍を期待しています。

--------------------------------------------------

中学三年生ですが、一学期の成績が酷くて、

夏休みは一生懸命勉強して、偏差値10を上げると言っていましたが、

もうサボり始めて・・・

たぶん、夏季講習はいっていて、

自習室で自分がどんな勉強をしていいのか、

わからないと思います。、

--------------------------------------------------

娘はまだ保育園生ですがメルマガとてもためになります。 

よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------

初めまして。大阪で学習塾を経営しております、○○と申します。

メルマガを購読していた中で、

「より良い勉強法を見つけるには?」の記事から興味がわき、

ガイドブックのプレゼントに申し込みました。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------

以上、4名です。


一部お返事しますね。

--------------------------------------------------
>教育コラムは、楽しみに拝見させていただいています。
>さわやかで、適切なアドバイスには、いつも感銘いたします。
--------------------------------------------------

お褒めのお言葉、ありがとうございます。

さわやか・・・ですか^^;

たぶん、はじめて言われた言葉かもしれません。

コラムやかなり時間をかけて1本ずつ丁寧に製作してます。

お褒めいただけると本当にうれしいです。

ありがとうございます。


今、現場の生徒指導に手いっぱいになってる状況で、

新しいコラム製作がストップしている状態で申し訳ありません。

今公開してる100本で終わりではなく、

今後もずっと書き続ける方向で考えています。

お伝えたいことは山ほどあります^^


--------------------------------------------------
>中学三年生ですが、一学期の成績が酷くて、
>夏休みは一生懸命勉強して、偏差値10を上げると言っていましたが、
>もうサボり始めて・・・
--------------------------------------------------

こういうお子さん多いですよね。

ひとつの原因は目標設定にあるんですが、、、

本人は気づいていません。笑


偏差値10上げるっていうのは簡単です。

じゃあ具体的に何をすれば10上がるのでしょうか?

もちろん数値目標も大事なのですが、

その数字を達成するための具体的な行動目標はありますか。

その具体的な行動目標があったとしても、

それを実際に行動に移すことで本当に10上がるのですか?

偏差値10上げたことのないお子さんだったら、

きっとどれだけのことをすると10上がるのがわからないでしょう。


結果的にお題目としての目標になっているケースが目立ちます。

やぱりこのあたりを一緒に考えてくれる先生を見つけるのが一番です。


だからこそ私はプロ家庭教師という仕事に魅力を感じてます。

お子さんのことを一番よくわかってくれる身近な存在・・・

としてのプロ家庭教師はお子さんの強い味方ですから^^



参考程度ですが・・・

トップダウンで数値目標から具体的な行動目標を考えるアプローチ。

ボトプアップで行動目標から数字目標が達成可能かを考えるアプローチ。

と両方の視点から考えてみてくださいね。

私はよくやってますよ^^



--------------------------------------------------
>娘はまだ保育園生ですがメルマガとてもためになります。 
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

最近、小学生に上がる前のお子さんをお持ちの

若いお母様方もご覧になっているケースが増えてるようです。

最初はちょっと想定外な出来事でビックリしました。

まぁでも参考にしていただけたらうれしいです。


--------------------------------------------------
>大阪で学習塾を経営しております、○○と申します。
--------------------------------------------------

ありがとうございます。

学習塾を経営されてらっしゃるんですね。

プロの方にご参考にしていただき大変光栄です。

教育関係者の目線からみても参考としていただける

情報をお届けできるようにブログを書いていきますね。






ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 15:12| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ひさしぶりのブログ更新です。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒!短期受講もOKです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



久しぶりのブログ更新です。


約2か月ほどブランクが空いてしまいました。。。


すみません。

たぶんここまで期間が空いたのははじめです。笑。


言い訳になってしまうのですが・・・

相変わらずとても忙しい状況が続いています。



私は現場第一主義の人間です。


目の前の子どもたちへの指導を優先しているので、

忙しすぎるとブログ更新の優先順位が落ちていくんですよね。

申し訳ありません。

特に楽しみにされてる方がいらっしゃるのに本当にすみません。


なかなか安定して書き続けられないのですが、、、

できる限り継続してお届けしていきたいとは思っています。

よろしくお願いいたします。



さてさて。

頂いてるメッセージが溜まってきてます。

個人的にお返事させていただいた方もいらっしゃいますが、

シェア&一部お返事しますね。

↓ここから。


--------------------------------------------------

自分は、点が取れない子供でしたので、

自分の孫には、そういう思いをさせたくなくて、

読ませていただいてます。

--------------------------------------------------

プロの勉強法に興味を持ちました。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------

毎回、参考にさせていただいております

--------------------------------------------------

以前より読ませていただいております。

息子が中一になり、毎日の生活を見ていると、

部活オンリーになっていて、非常に不安を感じています。

--------------------------------------------------

お願いします

--------------------------------------------------

10月に昇任試験で論文があります。

教育関係の仕事をしています。論理力がありません。

課題文が与えられ1500字くらいで書きます。

勉強法アドバイス下さい。

国語力も鍛えないといけないですか?

--------------------------------------------------

以上、6名です。


メッセージはすべて拝読させていただいてます。

他の方のメッセージはまた後日お返事させていただきます。



--------------------------------------------------
>自分は、点が取れない子供でしたので、
>自分の孫には、そういう思いをさせたくなくて、
>読ませていただいてます。
--------------------------------------------------

なるほど。

ご自身は点数の取れない子どもだったのですね。

単純に勉強そのものが嫌いだったのでしょうか。

勉強は好きだけど点数に結びつく勉強はできなかったですか。


点数が取れない・・・という結果は一緒ですが、

その原因はお子さんごとにまちまちです。

原因が何にあるのか考えることはとても大切です。


今、私は、2回目の高校2年生(留年した子)を指導してますが、

彼は雑学的な知識は豊富です。

私よりもよっぽど色々なことを知ってます。

だけど、学校の成績はよくありません。

原因は自分の興味のあることだけ勉強してるからかな?と思ってます。

学ぶことそのものに抵抗はないので本当にもったいない。。。


教科への興味をもっともっと引き出せれば、

点数も取れるようになるだろうな・・・と思っています。

最初の私の私の役目はそんな彼の思考の方向修正からです^^


原因がどこにあるのか、ちゃんと考えてくださいね。




--------------------------------------------------
>以前より読ませていただいております。
>息子が中一になり、毎日の生活を見ていると、
>部活オンリーになっていて、非常に不安を感じています。
--------------------------------------------------

なるほど。

よくいる典型例ですね。

部活のための学校になってる子をたまに見かけます。

総じて学校の成績はよくない傾向にあるようです。

文武両道・・・は理想だと思うのですが、

「えっ?こんなに部活時間が長いの?」

と思う子もいます。

通常の部活に朝練+土日は練習試合付け・・・の状態です。

いろいろ問題になってるみたいですね。

たまに部活関連の教育ニュースも目にしますし。


部活オンリーはよくありません。

それによって、学校授業中に寝る・・・とか。

夜帰ってから疲れすぎていて勉強時間ゼロで寝る・・・とか。

テスト前なのに試合があって特例で部活やる・・・とか。

そういう状態なら考えモノです。


あとから取り戻すのは大変ですので、

基本的は・・・今学習すべきことは今学習する、

という方針で考えてくださいね。

それが部活の影響でできていないのなら、

考え直すことも検討したほうがよいと思いますよ。


--------------------------------------------------
>10月に昇任試験で論文があります。
>教育関係の仕事をしています。論理力がありません。
>課題文が与えられ1500字くらいで書きます。
>勉強法アドバイス下さい。
>国語力も鍛えないといけないですか?
--------------------------------------------------

教育関係者の方からのメッセージですね。

ありがとうございます。

よく学校や塾の先生からもご相談いただいてます。

私はプロから認められるプロ・・・こそが、

本物のプロだと思っているので、本当に光栄です。

ありがとうございます。


勉強法の無料アドバイスにつきましては、

以下をご参考にしていただけたらと思います。

○小論文の必須条件
http://www.lfl.jp/know/knowhow123.html

○理系小論文、正しく対策できていますか?
http://www.lfl.jp/know/colum201.html

○一文を短くしよう。
http://www.lfl.jp/know/knowhow416.html

○意見をストックする。
http://www.lfl.jp/know/knowhow417.html


小論文の勉強はプロに添削いただくことが必須条件です。

過去問など入手いただき実際に書いたものをプロの先生に見せて、

添削してもらいながら勉強されるのが効果的かと思います。


人に指摘してもらわないと同じような過ちを繰り返すだけですから。


当グループでも小論文の添削指導をしています。

ご興味ございましたらご相談ください。


もちろんAO入試や推薦入試や一般受験の小論文対策もしてます。

「小論文試験があってどうしたらいいかわからない」

とお悩みでしたらお気軽にご相談いただけたらと思います。



ということで今日は以上です。


ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



追伸:

お子さんの「勉強」でお困りでしたら

私齋藤までお気軽にご相談いただけたらと思います。

▼ご相談はこちらから。
http://www.lfl.jp/contact/


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 22:55| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

今週、名古屋行きます。8名の方にメッセ返事します!

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


6月6日(金)〜6月9日(月)まで

名古屋駅の周辺に出張しています。


で、若干の空き時間があるので・・・

空き時間を使って学習カウンセリング(有料)を行います。

・6月6日(金)15時〜17時
・6月7日(土)18時〜22時
・6月8日(日)16時〜22時
・6月9日(月)17時〜20時


ご希望の方は下記からお問い合わせお待ちしています。

あなたのお話を直接お伺いしますね。

http://goo.gl/Bq0gEW





今日は最近いただいたメッセージをご紹介します。

計8名です。

一部、お返事をさせていただきますね。

では、どうぞ↓

-----------------------------------------------------------

いつも楽しみに拝見しています。

我が家は息子二人、二人とも同じ私学に通学しています。

長男は中学受験、次男は小学校からの進学です。

ふたりとも中学になり、受験という観点ではありませんが、

家庭学習という意味では興味深く拝見しています。

-----------------------------------------------------------

数学を教えている者です。

いろいろ貴サイトで学ばせて頂いてます。

-----------------------------------------------------------

小学5年の息子がいます。

どんな内容か大変たのしみです。

-----------------------------------------------------------

国語力を高めて難し本なども理解できるようになりたいです。

-----------------------------------------------------------

中一男子の母です。

親の言うことは聞きませんが、

いい点を取りたい気持ちはあるようです。

宜しくお願いします。

-----------------------------------------------------------

自分が子供の時、勉強したつもりが点につながらなかったので、

子や孫には、そんな思いをさせたくないのです。

-----------------------------------------------------------

よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------

今年度の我が家は息子(高3)、娘(中3)のダブル受験。

進学すると言いつつも勉強大嫌いな(自宅では宿題以外ほとんど勉強しない)息子と、

コツコツタイプではあるもののなににつけても超スローな娘。

この1年どうなることやら???

(-_-;)

-----------------------------------------------------------

以上、8名です。


個人的に返事させていただいた方もいますが、

あらためてお返事させていただけたらと思います。


-----------------------------------------------------------
>ふたりとも中学になり、受験という観点ではありませんが、
>家庭学習という意味では興味深く拝見しています。
-----------------------------------------------------------

ありがとうございます。

そうですねー。

受験だから勉強する・・・という発想自体本当はおかしいです。

そもそも勉強はずっとし続けるものですから。

家庭学習の習慣はとても大事ですよね。

「塾で勉強してるから家ではやらない」

というお子さんがたまに見受けられますが、

「かわいそうだな・・・」

と思っていしまいます。

きっと塾側の論理に支配されてますね。笑。

↑お子さんがこう言い始めれば、

 塾をやめられずに済みますから。


だから塾の先生の中にはこう言う方がいます。



学校と家庭の2本柱が基本軸です。

家庭内で勉強時間ゼロはよくありません。


もしお子さんが伸び止まっているのなら・・・

家庭学習から見直しをはじめるのがよいかと思いますよ。



-----------------------------------------------------------
>数学を教えている者です。
>いろいろ貴サイトで学ばせて頂いてます。
-----------------------------------------------------------

ありがとうございます。

先生ですねー。

参考にしていただけたらうれしいです。



-----------------------------------------------------------
>中一男子の母です。
>親の言うことは聞きませんが、
>いい点を取りたい気持ちはあるようです。
-----------------------------------------------------------

反抗期でしょうか。

いい点を取りたい気持ちがあるのはいいことですね。

ただその先を行くなら、、、

内容面のおもしろさを感じられるか、はもっと大事です。

おもしろさを感じられるようになれば、点数が動機になりません。

・おもしろいから勉強する

・楽しいから勉強する

という最強の考え方ができるようになります。


点数が動機になっている子はそのうち伸び止まります。

理由は簡単です。

そのうち点数を取れるようにならなくなるから。


小学生・中学生くらいまでであれば、

努力すればそれなりに点数に反映されるでしょう。

高校生くらいになるとちょっとやそっとではムズしくなります。


点数だけが動機になってる子はここでつまづきます。

また大学生になるとそもそも研究の世界になりますから、

・何が正解か?

なんてことがわからなくなるわけです。

正解を出すために考えるのではなくて知的好奇心から考えます。


だから、点数ではなく最終的には内容面のおもろしさが大事。

内容面のおもしろさを感じられるようになるためのキッカケとして

点数から入るのはもちろんアリだと思いますが。


最終ゴールはこっちにあることは念頭に置いておいた方がよいです。



-----------------------------------------------------------
>今年度の我が家は息子(高3)、娘(中3)のダブル受験。
>進学すると言いつつも勉強大嫌いな(自宅では宿題以外ほとんど勉強しない)
>息子と、コツコツタイプではあるもののなににつけても超スローな娘。
>この1年どうなることやら???
-----------------------------------------------------------

ダブル受験ですか。

ご兄弟でもそれぞれ違いますよね。

大学受験も高校受験もどちらも大切です。

希望を叶えられるといいですね!

がんばってください。


もしお手伝いできそうなことがあればお声かけ下さい。

毎年、LFLでも受験サポートさせていただいています^^


今年も逆転合格やる予定です。笑。

偏差値なんてもう古い指標ですから。


逆に偏差値主義の方がいるから逆転合格できます。

偏差値主義の人は合格に不必要なことまで勉強しちゃいますから。




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセありがとうございます!お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 18:03| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

スタートからゴールへ向かって!逆走する子。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。


勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



お問い合わせありがとうございます。

滋賀県からお問い合わせいただきましたー。


LFL( http://www.lfl.jp/ )は、

東京近郊で活動しているグループですが、

地方や海外在住の方への学習指導も行っています。

スカイプを使った遠隔指導です。


ご興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さいね。

●お問い合わせは下記からどうぞ。
http://www.lfl.jp/contact/



来週末から名古屋&岐阜への出張があります。

高校3年生の受験生に短期集中で出張指導してきます。


で、若干の空き時間があるので・・・

空き時間を使って学習カウンセリングを行います。

・6月6日(金)15時〜17時
・6月7日(土)18時〜22時
・6月8日(日)16時〜22時
・6月9日(月)17時〜20時

上記時間内での短期集中の数学指導も大丈夫です。

ご興味のある方はご相談くださいね。

↓こちらからどうぞ。

http://goo.gl/Bq0gEW



次・・・いつ名古屋に行くかわかりません。

もし名古屋周辺にお住いの方いらっしゃったらお声かけ下さいね。




で、本題に入りますね。

中間テスト…終わりましたか。

今回の中間テストで早速成果が上がりました。

学校平均以下から学校平均以上に一気に伸びました。

今回の平均点が…28点くらい?らしいのですが、45点です。

↑0点続出で難しかったようです。

トップは70点台でおそらく学年一桁順位とのこと。



ただ出題問題を見ると・・・

「1位取れるテストでしょ」

とツッコミたくて突っ込んじゃいました。笑。

「さっさと1位になっちゃおうよ」

って魔の?ささやきを事あるごとにしてます。


それぞの子に応じてネックになってるところがあるのですが、

彼の場合は今のところ2つ。

・ひとつは計算ミスが多すぎること。

・もうひとつはとりあえず計算していること。

です。


後者についてちょっと紹介します。


とりあえず計算しているお子さんが結構多いです。

「これって何を求めてるの?」

と聞いてみると、

「わかりません」

ってお返事が返ってきます。

「じゃあ、いったいこの計算は何してんの?」

と突っ込むわけです。


当たり前のことが当たり前じゃないんですよ。

数学はゴールに向かって取り組んでいくのが普通です。

だけど、そのゴールを意識せずに計算だけしてるんです。

ってことは当然逆走してるケースもあります。


マラソンだったらありえないですよね。

スタートから逆方向に走り出すのと一緒ですから。

ただ走ればいいと思ってる。


こういう考えではいつまでも結果が出ません。

いつまでもゴールに近づけないままになっています。



●スタートからゴールへ向かう

というのは数学でもとても大事なことです。

ゴールを意識せずに立式したり計算してはいけません。


とりあえず計算する、なんてことはないです。

常にゴールを意識して取り組んでください。



何がネックになっているのか・・・

お子さんごとに全然違います。


名古屋でも学習カウンセリングやりますので、

ご希望の方いらっしゃったらお声かけくださいね。


↓こちらからどうぞ。

http://goo.gl/Bq0gEW



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

常にゴールを意識して。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 12:37| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

「さっき100倍って言ったじゃないですか」

勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日はちょっとしたアドバイスを。

私は数学教育に携わって13年目くらいです。


その間にいろいろな機関で立場で指導してきました。


数学の苦手な子の特徴をひとつご紹介します。


たとえば・・・

先日ある子とのやり取りを紹介します。

あるお子さんはこんなことを言ってます。


「さっき100倍って言ったじゃないですか」

「だから100倍したんです」


それに対して私はこう言いました。

「だからなんで100倍なのさ」

「うまく小数点以下を打ち消すために100倍したわけでしょ」

「この場合は100倍で消えるの?」

・・・

「1000倍しないと消えないでしょ」


数学の苦手な子は知識重視です。

このケースで言うと、

「さっき100倍した。」
「だから次も100倍する。」

というふうに考えています。


数学の得意な子は理屈重視です。

「少数を打ち消すために100倍した」
「少数を打ち消すために今度は1000倍する」

という発想が出来ます。


学習すべきポイントがずれてるんですよ。

同じ説明をしていても着目してる点が違います。

だから一向に数学の授業を受けても学力が伸びません。


どこに着目しながら数学学習すべきなのか、指導する必要があります。


そしてその着目すべき点を本人の言葉として表現させないと、

結局、

「わかったつもり」

で終わるケースが多いです。


この場合、学習すべきは、

・100倍すること

そのものではありません。


・なぜ100倍するのか

その理由を学習する必要があります。



応用できるように学習していない子が目立ちます。

知識は知識でしかありません。

知識だけでは状況が変わった時に応用できません。


応用できるように知識を蓄えていかないと、

いつまでたっても数学ができるようになりません。


どんなに時間をかけても徒労に終わってしまいます。

これは数学を学習していく上でとても大切な視点です。



オープン教室ではこんな勉強法のアドバイスもしてますよ。

個別具体的な問題を通じて普遍的な解法を学び応用しましょ。


数学学習を通じてどんどん応用できる自立人間に育ってほしいな、と思ってます。


ご興味のある方はぜひいらっしゃってくださいね^^

●勉強法オープン教室
http://www.lfl.jp/service/openroom.html



あっ、もちろん・・・

マンツーマンのプロ家庭教師をご希望の方も

お気軽にお問い合わせください。



今日はそんな学習視点の違いによる学習効果のお話でした。

適切に学習できるように導くことがどれだけ大切か・・・切実に感じます。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

応用できるような学び方をしよう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 11:42| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

メッセにお返事します。ありがとうございます。

メッセージありがとうございます。

今日は最近いただいたメッセージをご紹介します。

一部、お返事しますね。

9名です。

-----------------------------------------------------

斎藤様

メルマガにて

メッセージの返信ありがとうございます。

毎日、遠い外国でも斎藤様の

その一言一言が心に届いております。

どうか、ご自愛のうえ

これからもご躍進くださいませ。

本当にありがとうございます。

-----------------------------------------------------

よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------

齋藤先生

松井さんによるレポート読ませていただきます。

よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------

レポート楽しみにしています。

-----------------------------------------------------

いつもメールマガジンを参考にしています。

ありがたい言葉に感謝申し上げます。

-----------------------------------------------------

いつも愛読しております。

-----------------------------------------------------

よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------

只今 三年目になるのですが(英語)を学び口に出す前に、

文を考えるのでテンポが遅くなります。

-----------------------------------------------------

メルマガ、HPで勉強させていただいています。

-----------------------------------------------------

以上です。


一部お返事しますね。

-----------------------------------------------------
>毎日、遠い外国でも斎藤様の
>その一言一言が心に届いております。
-----------------------------------------------------

ありがとうございます。

海外からご購読いただいてるんですね^^

今までも海外からメッセージいただいてきました。

最初、想定外?だったのでビックリしました。

でも最近は慣れっ子です。笑。


えっと・・・

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、ロシア、中国・・・

うーん、と。


あとどこだっけ。笑。

海外からもメッセージいただいてます。

保護者の方も教育関連の方も共にいただいてますよ。


世界中にメッセージが一斉配信されてるなんて・・・。

どこか一文でも参考にしていただけたらうれしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。



-----------------------------------------------------
>松井さんによるレポート読ませていただきます。
>よろしくお願いします。
-----------------------------------------------------

松井さん、素敵な方ですよ。

まだご覧になっていない方はぜひどうぞ。

http://www.lfl.jp/know/knowhow427.html





今回は全体的に教育関係者の方が多いようです。

もともと保護者の方向けに発信してるメッセージですが・・・。

なんででしょうかね。笑。



それと最近新しいコラム書けてません!!

ずっと気になっているのですが、すみません。


コラム執筆合宿でもしようかな。

大量執筆するときは「引きこもる」といいですよね。笑。



ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 12:45| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

「教育ITソリューションEXPO」でお会いしませんか?

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。


勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


GW特訓ほんと楽しかったです。

またオープン教室のスタイルでやりたいなー。

そのうち企画しますね。


たまにはイベント的なこともいいですね^^

通常のオープン教室も毎週木曜日&日曜日にやってます。

ご興味のある方はぜひお気軽にお声かけください。

●勉強法オープン教室
http://www.lfl.jp/service/openroom.html




さてさて。

今日はちょっと変わった募集を。

「教育ITソリューションEXPO」

ってご存知ですか?


第5回教育ITソリューションEXPO

http://goo.gl/rWiP14


学校をはじめ教育関係者向けの祭典?です。

毎年、東京ビックサイトで開催されてます。



私、1度だけ行ったことがあります。


で、今年はもう少しITの教育利用について勉強してこようかな・・・と。


今、北京に住む小中生の指導も遠隔指導してます。

岐阜県に住むお子さんにも遠隔で指導してます。


これはひとつの流れになってますから、

ITを使った遠隔授業について最先端のお勉強してきますね。


で・・・

もしかしたら有名なイベントなので、

会場でお会いできる方いらっしゃるのかな?

なんて思って書いてみました。


私は5月22日(木)午後あたりに会場めぐりしてます。


もし同じ日程で行かれる教育関係者の方いらっしゃったら、

少しお話しませんか?


よく教育関係者の方からもメッセージいただいてます。


読者さんの中には教育関係者の方も結構いらっしゃるようで、

とてもありがたく思っていますよ。


もしよかったらお声かけくださいね。





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

第5回教育ITソリューションEXPOに行ってきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 13:48| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

複数人・双方向・多視点で尊敬しあえる関係に。

勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


昨日からGW特訓はじまりました。

いやー、楽しい!


せっかくみんなで集まって勉強してますから

人が集まらないとできない指導方法で指導してます。


具体的には、

「ある子の強みを別の子の弱みにあてる」

です。


成績比較とかじゃないですよ。笑。

もともと教育は1次元で評価するわけじゃないですから。

↑偏差値主義の方はこの発想する方が多いですが。


それぞれの子に多様な良さがあるわけです。


ある子の良さを使って別の子の弱さを指摘します。

これを網目状?に行います。

複数人がいるので双方向比較&指摘を行ってます。


理論上は一クラス8人で運営してるので、

2人ずつの組合せを作ったとして8C2で28通り。

↑数学の組合せの概念です。

 数式使わないようにしてますがちょっとだけお許し下さい。


さらに複数視点でやるから28通り×視点数だけ作れます。

↑実際にはこんなにたくさんできないですけど。笑。



「あの子のこの点がよい。それが君には足りない」

をあらゆる視点から行っていきます。(ただ一方的にはやらないです。)


お互いがお互いを刺激しあえるようにするためです。


特に課題になってる点について指摘してます。

短い期間だけど、、、

尊敬しあえる関係を作り出せないかと思ってます。




もっと具体的に書きますね。

わかりやすいところだけ紹介します・・・


ある受験生は今部活動でいっぱいいっぱいです。

目の前にいる受験生は部活引退済みで勉強一直線です。

だから「勉強不足は否めないよね。」と本人を前に話したり。


ある受験生はのほほんと受験生活を送ってます。

隣の受験生は岐阜県からわざわざ都内に出てきます。

だから

「前も言ったけど、大学受験は全国区なんだよ」

「彼は岐阜県から都内の大学に進学しようとしてるんだよ」

「高校受験とは全然違うでしょ。」

なんてお話もしました。


自分の学校の常識だけを常識だと思わないでほしい。

それが常識とは限らないんだということは学校外で教える他ないですから。


あっ・・・

彼は、「岐阜県って琵琶湖ある?」なんて言ってましたが。笑。

「滋賀県です」って突っ込まれてた。笑。




ある高校2年生は

「GW中もずっと勉強なんだよー」

なんて文句言ってるから、

「この子はGW中1日9時間授業あるよ」

と言ったみたり。

「来年はこうなるの当たり前だから。練習・練習」

と説得しました。



ある大学受験は英検2級の勉強してますが、

目の前にいる高校1年生は中3のときに英検2級取得済み。

彼女は中3までドイツに住んでました。

英語とドイツ語が話せます。

将来は日本の大学ではなくドイツの大学に行きたいと。

「日本の大学言ってドイツ留学はダメなの?」

って言ったらいやだそうです。

「ドイツの大学言って日本留学するくらいならいいのかな?」

なって私は言ってみました。笑。


この受験生の女の子は外国語学部志望だから。

きっとドイツに住んでた彼女の話が刺激になるだろうと思って

話題をうまく振りながらお話をしましたよ。


将来の進路相談の話になることもあるんですが、

女の子は結構真剣に考えてる子多いんですが男子諸君が・・・笑。


だからそういう話題を軸にしながら、

「で、○○くんはどうしたいんだっけ??」

なんて話を振ってみたり。


何したいかわかりません・・・で思考停止じゃなくて

もうちょっと真剣にわからないなりに考えなさいと言ってます。




ある子の良さを強調して他の子がマネするように導くのがベスト。

お互いの良さを真似しあってその子の能力を引き上げたいと思ってます。


一方向の授業なんてもう古いですから。

そういうのは学校の授業だけで十分でしょー。


会話内容をコントールしながら導くのが難しいけど、

よき勉強空間にできるようにがんばっていきますねん^^





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

尊敬しあえる関係を作り出せないか模索中です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 13:54| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

「普通」の感覚を引き上げよう。

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。


勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


明日からGW特訓やります。

オープン教室の形態で4日連続でやります。

一番遠い子で岐阜県から参加してくれる高3生もいます。


この子は特別プログラムを組んでます。

○ 9時〜12時:マンツーマン指導(数学)

○14時〜17時:マンツーマン指導(英語)

○18時〜21時:オープン教室(数学・英語)

1日9時間の勉強合宿ですね。

4日連続で頑張ります。


大学受験は厳しい世界です。

トップクラスを狙うなら勉強漬けは必須です。

本人の普通・・・に感じるレベルを引き上げていきます。


普通ってほんとあいまいな感覚ですよね。


ある子にとっては・・・

「今日は普通に30分勉強しました」

だけど、また別の子にとっては・・・

「普通に3時間勉強しました」

です。

感覚が全然違います。


大学受験生にとっての普通は、勉強漬け、です。

私は、

「今日は3時間勉強した」

「今日は5時間勉強した」

「今日は9時間勉強した」

では甘いと思ってます。


24時間−生活に必要な時間=勉強時間

を普通にしなければなりません。


生活に必要な時間とは・・・

睡眠時間、食事の時間、トイレの時間、着替えの時間などです。

それこそ人として生きていく上での生活時間です。

それを除いた時間はすべて勉強時間と考えるのが普通です。


むしろそういう感覚を持てないなら大学受験生としては失格でしょう。

上記をゴールとして普通の感覚を引き上げていくことが求められます。


簡潔に言うと・・・

「足し算ではなく引き算で」

と言ってます。

足し算は○時間やった、△時間やった、とかそういう発想です。

引き算は先ほどの式で表現された発想です。


まずはこのラインを目指して下さいね。


オープン教室はその一部として活用してほしいな、と思ってます。


受験は競争試験です。

周りの受験生よりも点数が上だから合格します。

ここでしっかり差をつけてしまいましょ。


GW特訓はあと2日程空いてます。

・5月5日(月)・・・あと2名
・5月6日(火)・・・あと1名

もしご参加希望の方いらっしゃったらお声かけ下さい。

http://www.lfl.jp/service/openroom.html




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

受験生の勉強時間は足し算ではなく引き算の発想で。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 13:13| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

6名の方に。メッセにお返事します!

最新のGW特訓の締切状況です。

・5月3日(土)18時〜21時…締切。

・5月4日(日)18時〜21時…締切。

・5月5日(月)18時〜21時…あと2名。

・5月6日(火)18時〜21時…あと1名。

あと上記2日程のみです。

ご希望の方いらっしゃいますでしょうか???

ご連絡をお待ちしてますね。

http://www.lfl.jp/service/openroom.html



今日も最近いただいたメッセージにお返事します。

一部お返事したいと思います。


計6名です。

↓ここからどうぞ。

-----------------------------------------------------

学習障害の生徒に悩んでいます。

識字障害(読めない・書けない)があって、

親御さんも甘やかしてばかり。

人間としての基本ができていないインターナショナルスクールに通う9歳の子です。

医師でもなく、カウンセラーでもない

ただの教師がこの子に対して、何ができるでしょうか。


-----------------------------------------------------

頷きながら、時に唸りながら、楽しく拝読しています。

ありがとうございます。

-----------------------------------------------------

娘は、頑張ってもそうでなくても、

なぜかほとんど学年順位が同じです。

勉強方法が適切でないのかもしれませんので、

確実に順位を上げられる方法をしりたいです。

-----------------------------------------------------

よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------

伸びること伸びないことの差はおっしゃる通りの気がします。

-----------------------------------------------------

拝読させていただきます。

現在、塾講師です。

今年中に、塾講師・家庭教師に転換していきたいと思っています。

メルマガ、楽しみにしております。

-----------------------------------------------------



以上、6名です。

一部お返事しますね。


-----------------------------------------------------
>医師でもなく、カウンセラーでもない
>ただの教師がこの子に対して、何ができるでしょうか。
-----------------------------------------------------

迷われてるんですね。

職場に気軽に相談できる先生はいないのでしょうか。

教師としてどうあるべきなのかディスカッションしないのですか。


私は東工大院の研究室(専門:教育工学)に、

月に1回か2か月に1回くらいは今も顔出してますよ。


教授の意見を聞いたり、後輩の大学院生らと接してます。

また学校教員をはじめとしたOBらともたびたび意見交換してます。


上記以外にも、優秀なLFLの先生らと、

みんなでいろいろと切磋琢磨する機会を作ってます。


そういう場を持つことはとても大切です。

あなたもそういう機会に出向いたらいかがですか。


教育学会に所属してみる・・・

とかそういうのでもいいと思いますよ。


先生が学ばなくなったら最後ですから。

がんばってください。



-----------------------------------------------------
>頷きながら、時に唸りながら、楽しく拝読しています。
>ありがとうございます。
-----------------------------------------------------

ありがとうございます。

参考にしていただけてうれしいです^^

これからもどこか一文でもお役に立てるようにがんばりますね。


-----------------------------------------------------
>娘は、頑張ってもそうでなくても、
>なぜかほとんど学年順位が同じです。
>勉強方法が適切でないのかもしれませんので、
>確実に順位を上げられる方法をしりたいです。
-----------------------------------------------------

学年順位を上げたいんですね。

そしたら他の子よりも学習すればよいだけのことです。


・学習時間を増やすこと

・時間あたりの学習量を上げること

この2点の方向性で考えてみてください。


ほとんどの場合は、学習時間を増やすことで解決します。

ただ限界値がありますのでそれ以上伸ばしたいのなら、

後者に着目してくださいね。


時間当たりの学習量を増やすには、

細かな学習方法を身に付けさせる必要があります。

教科ごとに違いますからプロにお願いするほうがよいと思います。

もしLFLにお任せいただけるようでしたら、

カウンセリングなどさせていただきますのでご連絡ください。


-----------------------------------------------------
>現在、塾講師です。
>今年中に、塾講師・家庭教師に転換していきたいと思っています。
-----------------------------------------------------

転換ですかー。

社会人の方でしょうか。

新卒の業種別退職率No.1の業界へようこそ・・・(笑)。

この業界は3年以内に半分が辞める業界です。

生半可な気持ちでは続かない業界です。

個人的にはあまりお勧めしない業界ですが^^;


とは言っても・・・

子どもたちの人生を左右する業界です。

やりがいのある業界ですから。

がんばっていきましょう!







ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 13:15| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

GW特訓は2日程満席・残り2日程のみ。メッセお返事します!

勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


GW特訓の締切状況です。

・5月3日(土)18時〜21時…締切。

・5月4日(日)18時〜21時…あと2名。

・5月5日(月)18時〜21時…締切。

・5月6日(火)18時〜21時…あと2名。


4日連続参加は締め切りました。

5月4日(日)と5月5日(月)の2日程のみです。


ご希望の方いらっしゃいますでしょうか???

ご連絡をお待ちしてますね。

http://www.lfl.jp/service/openroom.html



今日は最近いただいたメッセージにお返事します。

計3名です。

↓ここからどうぞ。

----------------------------------------------------------------------------------------

私は国立理系の大学生です。

個人で家庭教師をしております。

今回、LFLさんをネット広告で知り、

代表・斎藤さんの教育方針に大変共感しました。

指導方法を参考にさせていただきたいと思い、

ガイドブックを注文しました。

よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------------

小学6年生の祖母です。

勉強らしい勉強はしないのでどのように声をかければ進んでするのか

アドバイスをお願いします。

通信の講座はできませんでした。

----------------------------------------------------------------------------------------

生徒からの「なぜ勉強する必要があるのですか?」という

問いに答えるにはどうしたら良いでしょうか。

私の意見としては、

勉強することで手に入れられるものが増える、等を考えています。

しかし、現在の生徒にとっては、手に入れたいものは特になく、

勉強するためのモチベーションが沸かないようです。

ご意見お聞かせください。

----------------------------------------------------------------------------------------


以上、3名です。

一部お返事しますね。


-----------------------------------------------------
>私は国立理系の大学生です。
>個人で家庭教師をしております。
>今回、LFLさんをネット広告で知り、
>代表・斎藤さんの教育方針に大変共感しました。
-----------------------------------------------------

ありがとうございます。

学生時代から教育バカ?(笑)だった私にとって、

私の教育方針に共感いただけるって本当にうれしいです。


私の教育方針はどちらかというと教育関係者に共感いただけるようです。


お世話になっているご家庭も教育系の仕事をしてる方が多いんです。

↑人を育てるような仕事をしてる方です。


・大学教授

・社長さん

・企業で人事担当されてる方

・講師をされてる方

・講師研修をされてる方

・お医者さん

とか・・・。


最近は慣れっこですが、

「まただぁー」と思うことが多いです。

たぶん私の考えが玄人受けするんでしょうね。


学校の先生や家庭教師の先生にも共感いただくこと多いです。

アルバイト感覚ではなくてプロ意識の高い方に共感いただいてます。

真剣に子どもたちの教育を考える人に共感いただけてうれしいです。


ありがとうございます。

これからもがんばりましょーね!!


----------------------------------------------------------------------------------------
>勉強らしい勉強はしないのでどのように声をかければ進んでするのか
>アドバイスをお願いします。
----------------------------------------------------------------------------------------

お子さんの置かれた状況によって違います。

なので一概にこう言えばいい・・・とかありません。

ここでは共通して言えそうなことを2つ紹介します。


○「勉強しなさい」は無意味

このレベルの声掛けは何も考えてない人が言う言葉です。

特に保護者の方からのこの言葉は逆効果になることが多いです。

むしろ言わない方がまだマシかもしれません。



○あなたは楽しんで勉強してますか?

お子さんは周囲の大人が使う「勉強」の意味合いを敏感に感じ取ります。

辞書で「勉強」の定義を調べてから

「勉強」という言葉を使ってるわけではありません。

特に、お母様・お父様・先生が使う「勉強」は非常に重要です。


勉強らしい勉強はしない・・・とのことですが、

あなた自身はあなたの言う勉強らしい勉強をしていますか。


お子さんはあなたの背中を見ながら育ちますので、

あなたも勉強している姿をお子さんが見ているはずです。

勉強してる姿を見ながら育った子はそれが当然のように考えるでしょう。

まずは私たち自身が子どもたちに見本を見せましょ。

そういったことも大切ではないでしょうか。



----------------------------------------------------------------------------------------
>生徒からの「なぜ勉強する必要があるのですか?」という
>問いに答えるにはどうしたら良いでしょうか。
>私の意見としては、勉強することで手に入れられるものが増える、
>等を考えています。
>しかし、現在の生徒にとっては、手に入れたいものは特になく、
>勉強するためのモチベーションが沸かないようです。
----------------------------------------------------------------------------------------

そうですよ。

手に入れられるものが増える、では勉強しないと思いますが。

それと、よくある話としては、

選択肢を増やす・・・もありますがこれもムリです。


この手の話で勉強しているのであれば、

すでに学校の先生がしてますので心に響いてるでしょう。

そういうのではダメでだから勉強しないままなのではないですか。


この方向性での動機づけを考えるなら、

手に入れたいもの・・・ではなくて、

もっと具体的に手に入れたいものを考えさせたらどうでしょうか。

上記だと、あるのが前提でお話が進んでいるように見えます。


「何したいのか?」

は大きなテーマですが、

そういうのを考えてない子はとても多いです。

だから、考えさせるような機会を設けてはいかがでしょうか。


私はよくやってますよ。


・・・ということで今日はこの辺で。




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

メッセージありがとうございます。お返事します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 00:05| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

【あと2名!】GW特訓やります。

今日はさくっとお知らせしたいと思います。

もしご希望の方がいらっしゃったらお声かけ下さい。


ゴールデンウィークのご予定はいかがですか。

ご旅行の予定など決まっていますでしょうか。


私・・・個人的な話ですけど、

人がたくさんいるところ嫌いで。笑。


新宿とか渋谷とか駅前人だらけで本当イヤです。笑。


GW期間中の旅行もほんと好きになれません。


だって・・・人、人、人、人!!!!


「観光」に行った・・・

というより「人混み」に行った?

という感じがしてしょーがないんですよね。



ということで・・・

というわけではないんですが、

私はGWはGWで行こうと思います。


最初のGWはゴールデンウィークの略です。

後ろのGWはゴールデンワークの略です。笑。



すでに個人的にご案内させていただいた方もいるのですが、

5月3日(土)〜5月6日(火)は毎日オープン教室を開きます。

毎日18時〜21時の3時間です。


日程によって多少バラツキがあるのですが、

今のところあと2名ほどご参加いただける状態です。



特に受験生を歓迎します。

「ゴールデンウィークだー!わーい!」

なんてやってる場合じゃないですから。


ただ世間はゴールデンウィーク真っ盛りだと思うから、

なかなか一人も思うように勉強が捗らないこともあると思います。

この機会にぜひ4日連続で一緒に勉強しませんか???


空席次第ですが日程指定の単発もOKです。

すでにご案内させていただいたのですが、

通常参加されてるお子さんの追加受講も大丈夫です。


少人数精鋭でみなで一緒に楽しく勉強してます。

ご興味ある方は下記よりご連絡ください。

●オープン教室
http://www.lfl.jp/service/openroom.html


お休みになるとダラケテしまう・・・

という意志の弱いお子さんにはぴったりの教室かと思います。


お待ちしていますね。





ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

GW特訓やります。あと2名募集します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 00:18| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

東京にマンツーマン勉強合宿に行きたい、という方いらっしゃいますか?

勉強法を学習したいお子さんはぜひ!

本業プロ家庭教師らが徹底サポートします。


勉強法オープン教室の最新の空席状況です。

★日曜クラス…少人数実施中!
★木曜クラス…少人数実施中!

表参道駅徒歩30秒です↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●勉強法オープン教室 by LFLプロ家庭教師

http://www.lfl.jp/service/openroom.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


こんにちは。

春休み・・・終わりましたね。

お子さんは充実した春休みを過ごせましたでしょうか。


私の今年の春休み期間は猛烈に忙しかったです^^;

↑ありがとうございます。

 お役に立てるってうれしいことですね。


若い頃はへっちゃらだったのですが、

30代に入ってから体力落ちたのかな。


1日9時間くらい指導すると身体に来るようです。。。



今年の春休みは、

・岐阜県から参加のマンツーマン勉強合宿8日間指導

・一卵性双生児の双子に8日間連続指導

が一番たくさん指導させていただいたかな、と思います。


今年はじめてマンツーマン勉強合宿やりました。

午前10時から夕方17時までマンツーマン指導しました。

夜は自学自習の時間として5時間を目安に勉強するように指示。


1日計10時間ほど勉強するプランです。

たぶん合計で100時間ほど勉強したんじゃないかと思います。


新高校3年生です。

無事に受験勉強のスタートが切れてよかったです。


お母様も岐阜県からお越しいただいてお会いしましたよ。

東京・青山の結婚式場に併設された素敵な喫茶店でお会いしました。


↑実は青山で結婚式を挙げられたんだとか。

 蛇足ですが、この喫茶店大好きなんですよね。

 結婚式のカップルを見ると、私は気合が入ります。

 先日も4カップルの結婚式をこの喫茶店で目にしました。

 「こうやって幸せに結婚して生まれた子を私は預かっているのだ」

 と再確認するキッカケになりますから^^



新学期がはじまってからは、

・スカイプを用いたマンツーマン指導

・GWや夏休みや3連休を用いたマンツーマン勉強合宿(対面指導)

を繰り返しながら現役で理系国公立大を目指します。


毎年のことですが、、、

私の休日や祭日は今年もなさそうです。笑。


岐阜県から都度お越しいただけるということで、

私も全力で受験勉強の応援をしていきたいと思ってます。

優先的に指導スケジュールを組ませていただくつもりです。

GWも優先的にご予約いただいていて毎日指導することが決まってます。



で、ちょっと思ったのですが・・・

せっかくならもう1名同じように指導するのもアリかなと思ってます。

たぶんスケジュール的に年間2名しかこのタイプの指導形態は難しいとは思います。

ただあと1名ならなんとかなるんじゃないか、と思って。


もしご興味ある方がいらっしゃればお声かけください。

東京にマンツーマン勉強合宿に行きたい、という本気の方を優先指導します。

私も休日返上で全力でサポートします。

プランを一緒に考えましょう。



それと・・・

双子の数学指導もスタートしました。

二人とも社会が大好きで数学大嫌いなのです。。。


でも、理工系大学の付属中学に通っていて

将来はもちろん理工系に道に進もうと考えてます。


ってことは、数学得意にならなきゃだよね^^;


学校も進度もエラく早くて遅れを取り戻すべく指導し始めました。


幸い、まだ新中2です。

それと指導時間を余裕を持っていただけてるので、

たぶん比較すぐにトップクラスに持って行けるでしょう。


色々やってみた上でダメだった上でのご相談で、

お母様はどうしたらいいのかわらかないようですが、、、、


私はもっと難しいお子さんをたくさん教えてきましたから。笑。



「できる友達と1位2位3位やろーぜ」

って本人たちに言ってます。


きっと今は夢のように思えるかもしれないけど、

夢じゃなくて本気で言ってます。

もちろん実現させるつもりです。



春は出会いの季節ですね。

毎年新しい出会いがあります。

よき先生との出会いが本当に大切です。


先生との出会いで一瞬で様変わりする子も多いですから。


私もそんな先生を目指してひとり一人を大切に指導していきますね。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。




ではでは!

今日はこの辺で。

またお会いしましょう。

齋籐裕一



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■今日のまとめ!

今年の春休み期間は猛烈に忙しかったです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





■読者数5万名超!家庭教師業界No.1のメルマガになりました。■


●齋藤裕一はこんな人です。動画で人柄チェック!≫インタビュー動画(覚悟の瞬間)

●パソコンのアドレスで購読されることをオススメします。≫バックナンバー(まぐまぐ)

●教育メルマガで告知をしたい個人・団体の方は ≫ 教育メルマガ号外広告



posted by yuichi_saito at 14:02| 家庭教師指導記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログへ